病院の衛生管理

Clinic guide

病院の衛生管理の重要性と
消耗品の取扱いについて

病院は多くの患者が来院する医療施設ですが、患者の多くは体調不良によって免疫力が低下しています。
そのため、院内感染のリスクを軽減するために衛生管理を徹底することが重要になります。
特に病気の原因になる細菌類は不潔な環境で繁殖しやすいので、アルコールや塩素などの消毒薬をこまめに使用して清潔に保つことが大切です。
また、洗面所やトイレなどの水回りは汚物が堆積しやすいので定期的に清掃を行うのも病院の衛生状態を良好に保つための条件です。
消毒作業に使用する薬剤や洗剤などの消耗品は不足しないように、常に在庫数に余裕を持たせるように注意します。
特に薬剤は医師や患者の衛生管理にも使用することから大量消費を想定して保管する必要があります。
同じ効能を謳う製品でも製造メーカーによって価格や使い心地が異なるので、複数の製品を比較したうえでコストと利便性の釣り合いが取れている物を選ぶことが病院を清潔な状態に保つための大きなポイントになります。

病院内の感染を防ぐための衛生管理について

病院は業務の性質上、様々な疾患を抱える患者が行き来する環境なので院内感染のリスクを回避するために常に用心する必要があります。
特に患者の多くは免疫力が低下しているため、症状が重篤化しやすい傾向があります。
病気の原因である細菌類の繁殖を防ぐために病院内の衛生管理は厳格に行う事が大切です。
一般的にアルコールや塩素などの消毒薬を使用することで感染リスクを大幅に軽減させることが出来ます。
その一方で薬剤の過剰な使用は肌荒れや痒みなどのトラブルの原因にもなることから、体質に適した方法で消毒を行うように心がけます。
衛生管理については薬剤による消毒以外に外部からの汚れの侵入を防ぐ処置も重要なポイントになります。
汚れの中には様々な細菌が混在しているので、病院に入る際は必ず消毒を行い、衣類の汚れは専用のエアシャワーや粘着テープなどで綺麗に取り除く工夫が求められます。
また、靴底は地面に接することで非常に不潔な状態なので、アルコールや紫外線などで殺菌処理を行うことが院内感染予防に繋がります。

Valuable information


不動産


最終更新日:2019/5/15