病院の紹介

Clinic guide

病院の紹介とこれからについて

高齢化社会を迎えた日本にとって、重要性が増してきている存在になっているのが、病院であります。
昨今においては、増え続ける高齢者に対し、医師や看護師、薬剤師などの医療従事者の不足が取り上げられています。
この事態については、厚生労働省をはじめ関連省庁においても、喫緊性のある課題として、対策を講じるなどしていますが、厳しい実態の解決には、多くの時間がかかるものとして、国家レベルでの対応が求められています。
そんな中において、病院を紹介するサイトなどが話題を集め、盛り上がりを見せています。
一口に病院といっても、内科や外科、精神科などその種類は多くあります。
これだけ、紹介サイトのニーズが高まりを見せているのも、高齢化社会の到来が背景にあるといわれています。
診療科目や診療時間などを高齢者でも容易に見て、理解することができるようにと、サイトの運営者なども工夫をしているといいます。
今後においても、ますますニーズが高まりそうです。

医師による病院紹介について

診察を受けるとき、専門外であったり、詳しい所見を別の医者から得たりするさい、医者は紹介状を書きます。
現在服用している薬や体調変化、副作用などが書いてあって、それを持って患者さんが指定された病院に足を運びます。
病院によっては紹介状がないと診てくれないところが少なくないです。
そこでさらに詳しい検査などが行われて、所見を得ることができるのです。
医者は書くことで3000円の報酬を得ることができ、患者さんは1~3割を支払うことになります。
診察の合間に書きますので、案外時間を喰うことがあります。
中身によっては専門が変わることがありますので、書くことに神経と時間を使います。
患者にとっては自分の命にかかわることですので、担当医から封筒をもらったら、紹介された病院と診察日時に忘れないように足を運んでください。
けして封筒の中身を開けることは止めてください。
自分のものといっても医師から医師への情報が書かれています。

check


コーチングの研修をお試しください


Last update:2020/7/16