通院について

Clinic guide

病院の通院負担を減らす方法

病院の通院は短期間で終わる場合は別として、長期に亘る治療を強いられるケースでは心身ともにかなりの負担になると言えます。
特に大規模な病院では現地に行ってから診察券を通しデジタル表示版に自分の番号が表示されるか、或いは自分の名前が呼ばれるまでの長い時間が最も負担を感じる項目でしょう。
それでは、どうすればその負担を少しでも軽くすることが出来るかなのですが、診察の前には必ず血液検査や画像検査など、データー収集に必要な検査を終えておかなければならず、更にその結果が出る間、最低でも2時間くらいは待つことになります。
それにプラスして患者ごとに診察の内容如何によって時間がずれ込むことが通常です。
病院が比較的近い場合は通院回数は増えますが、たとえば前の日に検査を済ませておくと次の日には診察時間に合わせて行けば一日の待ち時間は大幅に短縮されるでしょう。
一日で済ませるために延々時間を費やすよりも、短時間を2回に分ける方が負担は軽くなるのではないでしょうか。

通院する病院等の医療機関
または施術所等の選び方

「通院」とは、病院へ通っていることを意味する言葉です。
この場合、一般的には医療機関である病院やクリニック等を意味している場合が多いのですが、整骨または接骨医院、整体や歯科医院等も該当します。
また、1度きりの治療や施術と言うよりも、複数回通って定期的に治療や施術を受けると言うニュアンスの方が強く出ています。
怪我や病気等、何かしらの理由から通院する必要が出てきた場合、各種医療機関をはじめ、歯科医院や施術所等の選択はとても重要なことになります。
それは、通院先が自宅から離れていれば、それだけ通うことに時間と費用がかかり、体調が優れなかったり急を要する場合にはそれだけ降りかかる負担が大きいものとなるからです。
また、近ければ良いと言うものではなく、医師や看護師、その機関や施設の雰囲気や治療方針等様々な観点から、今後も繰り返し治療や施術を受けることを考慮した上で、決めることが大切です。
中には相談することで適切な機関や施設を紹介してくれる医師が居たり、患者側が医療機関を必要に応じて使い分けていると言うケースもみられます。

Favorite


電子カルテ


最終更新日:2020/5/29